再ペアリング作業ができないBTキーボードの対応

Windows 10にてBluetooth接続で使っているキーボードの接続ができなくなった。

再ペアリングで対応するため、一旦ペアリングを忘れてもらおうと「デバイスマネージャー」や「Bluetoothとそのほかのデバイス」から削除するも 何度消しても復活し、ペアリングで機材を検出しなくなった。

これはKeychron K3で起こったが、HHKB BTでも起こるらしい。

対応はレジストリを編集してBluetoothのペアリング情報を直接削除すること。これで嘘のように治った。

手順1: キーボードのハードウェアIDを調べる

  1. Winメニューの右クリックからデバイスマネージャーを開く

    Windows 10(デバイス マネージャーを表示する) | Windows入門ガイド

  2. 対象Bluetoothキーボードのプロパティを開く
  3. 詳細タブ→プロパティのドロップダウンリスト→ハードウェアIDを選択し、表示されたデバイスIDをメモする。値の欄には
    BTHENUM\Dev_0123456789AB
    などと記載されているはずで、このとき0123456789ABがハードウェアIDである。

手順2: レジストリの編集

  1. regeditを開く

    Windows 10 でレジストリ エディターを開く方法

  2. 編集対象のレジストリブランチまで移動する
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\BTHPORT\Parameters\Devices
  3. 手順1で調べた対象のハードウェアIDのサブブランチをごっそり削除する

手順3: 再ペアリング

以上の編集の後、Windowsを再起動し「デバイスマネージャー」や「Bluetoothとそのほかのデバイス」からBluetooth機器が消えていることを確認して、再度ペアリングの手順を行う。

参考

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の記事