海外出張時の持ち物

Posted on 5/05/2018
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外出張時にいつも持って行っているもののリスト。備忘録代わりに作成。

# カテゴリ 持ち物 預け チェック コメント
1 必須 パスポート ×
2 必須 ビザ/電子渡航認証 ×

短期滞在でもパスポート以外に書類・申請が必要な場合

  • アメリカ→ESTA
  • カナダ→eTA
  • オーストラリア→ETA
  • EU→パスポートのみの場合で、あらゆる180日の期間内で最大合計90日間という滞在制限があるので注意。
  • そのほか→wiki:ja 日本国民の査証要件
3 必須 航空券/eTicket ×
4 オプション 免許証 × 国外で運転する場合
5 オプション 国際免許証 ×

国際免許証は、あくまで本邦免許証の翻訳という位置づけなので、両方持っていくこと

6 便利 プリペイドSIM ×

短期出張の場合、日本で購入し出国前に設定しておいた方が良い。500MBデータがあれば、Google Mapを開きっぱなしのケースで延べ8時間はつかえると思います。

これまで北米、EUを渡り歩いた感じ、IIJので満足しています。空港にあるBICCAMERA AIRで購入もできますが、ネット等で事前に購入しておいた方が吉→海外トラベルSIM
初回利用時は、2週間500MBデータのみの契約で合計6850円(SIMカード単価:3000円; チャージ量:3850円)
2回目以降は3850円でリチャージして利用可能。
7 便利 フライトソックス ×

男性でも女性でもエコノミークラス症候群予防などにあると、長時間フライトが非常に楽になります。

8 便利 フライトピロー ×

就寝後の首の痛みが大幅に軽減されます

9 便利 アイマスク ×

機内が明るく寝られないときのために。窓際の席の人がシェードを開けっ放しにしていたり、エンターテインメントシステムが付きっぱなしのときなどに助かります。

10 便利 BOZE QietComfort 20 ×

飛行機の騒音が圧倒的に小さくなります。イヤープラグの代わりにも使えます。

ANAのビジネスクラスで提供されるSONYのノイズキャンセル・ヘッドフォンやFINNAIRのエコノミーコンフォートで提供されるノイズキャンセル・ヘッドフォンより圧倒的に良い性能。

11 便利 ステレオ変換アダプタ ×

マイ・イヤフォンを使う場合必要になることがあります。これまでの経験上、Unitedでは不要。他では機材次第。

12 便利 電源変換プラグ ×

電源変換プラグはシンプルなものが一番かもしれません。欧州のCタイプのプラグは大物の変換器だとくぼんでいて、はまらないことがあります。パソコン用と携帯電源用で2つくらいあると便利。

13 便利 USB充電器 ×

必要な電源変換プラグ数を減らすために、2口以上のUSBチャージャーを利用しています。

14 便利 充電用USBケーブル ×

USBケーブルは0.9mあると色んなときに便利だと思います。誤って高速充電非対応MicroUSBのケーブルを持って行って泣いたことがあります。

15 必須 ボールペン ×

入出国時に書類を書く必要がある場合、機内で書いておくのが吉。

16 便利 旅程表・宿泊先ホテル一覧(英語) × 入国時に見せると早いことがあります。なので英語。
17 必須 ノートパソコン × 機種に応じてHDMI/AVI出力用変換アダプタは忘れないように。
18 便利 名刺予備 大量に人に会う時には予備がないと死にます。
19 必須 歯ブラシ・ヘアブラシ 海外のホテルにはないのが普通ですしね。
20 必須 下着・衣類
21 便利 胃薬・腹痛薬 油強いごはんばっかり食べているともたれます。